Home    

平成の大発明、携帯電話!!

Filed under テクノロジ.

携帯電話の出始めの頃は自動車電話といって車に電話機を取り付けて、車にアンテナを付けて車の中が電話ボックスみたいになるという物だったが、車載型ではないポータブルタイプの携帯電話は、日本では1985年にNTTが、「ショルダーホン」という名前で発売している。

ショルダーベルト付のでっかい電話機は軍事用の無線機みたいな風貌で、正直あんなもん持ってまでして外で話したいのか!?って感じだった。

しかも当時はあっちこっちに電話ボックスがあったので、そこで10円で話せる電話を、わざわざ高い月額使用料と、通話料金。
また、ショルダーホンを契約するのに、「保証金」20万円がかかる。

具体的に月々の料金はというと、月額基本使用料2万6000円の他に、1分間で距離によっては150円位かかるので、月の料金も軽く3万はいく。
3万円と言っても、現在の3万円ではない。

当時大卒の初任給が約11万2525円という時代の3万円だから、今がもし月20万位だとしたら、倍の6万円位が携帯料金という事になる!!
高い!!!

その後さらに小型化する携帯だが、今の携帯とは比較にならない位重い!!

その後のデジタル化で急に薄くなり、軽くなるが、それ以前はアナログ携帯が主流で、アンテナ基地局もデジタルは少なかった為、いくら軽くなって便利になったと言っても、電波は入らないし、都心の限られたエリアしか使えないという、かなり不便な代物だった。

そういう意味では現在では携帯電話がパソコンにもなるし、インターネットもゲームも出来て、カメラにもビデオにもなるという進化!!うちの子は車の中で、携帯でフジテレビキッズのキャラクターを見ているだけで、車の長旅でもこねないから、助かる。

ここ数十年で一番の大発明は携帯電話なんじゃないかと思う今日この頃です。