Home    

音楽が好き

Filed under 歌.

今は音楽と言えばYoutubeやitunesで聴きたい曲だけ落とすという感じだろうが、昔はインターネットも無かったので、聞きたい音楽はレコードやCDを買うしかなかった。

後にレンタルレコード(CD)店が出来て、買わなくても格安に曲を手に入れられる様になるが、その前の時代は「ラジオ」の時代だった。

音楽だけじゃなく、娯楽としても「三宅裕司のヤングパラダイス」「吉田照美のてるてるワイド」、「オールナイトニッポン」、「スネークマン・ショー」等人気の番組があって、当時レコードを買うお金が無かった小中学生達にとってはそこが情報源であり、娯楽だった。

僕の周りで特に話題になっていたのは「オールナイトニッポン」と「スネークマン・ショー」で、「スネークマンショー」は海賊版のテープを知り合いがインディーズのレコード店で買ってきて、ダブルデッキでダビングしたのを覚えている。

最近の若者はダブルデッキでダビングなんて言っても何の事かわからないと思うけど、僕の親世代は「ステレオ」だったのが、僕が子供の頃は既に「ラジカセ」になっていて、「ラジオ+カセット」の略で「ラジカセ」。
もちろん僕はラジオを聴くのがメインで、それをカセットに録って聴くって感じで使ってました。

ところが時代が進んでカセットからカセットに録音する事が出来る。「ダビング」機能が付いたラジカセ「ダブルラジカセ」が発売された!!「ダブルデッキ」とも呼ばれていた!

このダブルデッキが発売される前は、録音用のコードを使って、2台のラジカセやステレオを繋いで、レコードからカセット、カセットからカセットという感じで、録音して聴いていたものだ。話はラジオに戻るけど、子供は早く寝ないといけないので、夜になったら寝室に向かう。そこで寝室でこっそりラジオを聴くのが楽しみだった。

そうそう!
ラジオと言えば小林克也の「ベストヒットUSA」。
ここで最新の洋楽を聴くのが楽しみだった。
「a-ha」や「マドンナ」、「プリンス」、「デュランデュラン」等様々な最新ヒット曲をラジオで聴いて育った。今は情報が溢れかえっているが、当時はラジオかテレビか雑誌しかなかったからなー